2008年11月10日

3.一回の食事は腹八分で

 本来、人間が1回で摂る食事量は一日の消費カロリーから計算すると自分の両手を広げて、ごはん、味噌汁、おかずなど全てがそこに乗る量でちょうどよいのです。

 外食なんかをすると、ほとんどが両手からはこぼれ落ちる量ですので、カロリーオーバーというとになるのです。


 即ち、両手からこぼれ落ちない量に留めることが、カロリーオーバーを未然に防ぐことになるのです。

 昔から「腹八分に医者いらず」と言いますから実践してみてください。
posted by 肥満予防 at 10:52| 3.一回の食事は腹八分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。